健常者と障がい者がともにいきいきと働ける職場づくりを目指しています

キーワード


tos01

豊通オフィスサービス 株式会社

常務 別府さん

企業の社会的責任を果たすため、あらゆる支援機関と連携

当社は、豊田通商株式会社の社会的責任を果たすために設立された特例子会社※です。精神障がい者の雇用といっても、人を見て採用した結果「たまたま精神障がいの方だった」というだけです。

選考では、自分の障がい特性をきちんと理解し人に説明できるか、自ら成長しようとする姿勢があるかを基準に採用しています。

より良い採用と、その後の定着のためにも、ハローワークを中心にあらゆる支援機関とつながり、学校などとも連携を深めています。

※障がい者雇用率を算出する際、親会社の事業所と見なされる子会社


障がい者自身も相談員の資格を取得
企業の深い理解と、充実したサポート体制

社内サポートも、企業としてしっかり構築されています。面談やアドバイスを中心に、メンタル不調の早期発見に心がけています。

また、精神保健福祉士※1と職場適応援助者※2(ジョブコーチ)も配置され障がい者の働きやすい環境作りを担当しています。

さらに、社員の約7割が職業生活相談員※3の資格を持っており、ほとんどの健常者社員だけでなく、障がい者の中でもリーダークラスは同じ資格を取得済みなのも特徴です。会社として、障がい者に対する理解を深めようとしています。

※1 精神障がい者に関する専門知識と技術を持ち、相談援助などの社会福祉業務を行う国家資格
※2 職場適応援助者養成研修を修了し、障がい者の円滑な就労のために職場内外の支援環境を整える。
※3 障がい者の職業生活全般の相談・指導を行う資格。障がい者を5人以上雇用する事業所に配置義務がある。

tos02

精神障がい者と企業の明るい可能性

精神障がいの方は、業務遂行能力や理解力が高いです。これらは当初のイメージと違っていて驚かされました。作業の覚えが早く、仕事の本質を理解してくれるので、習得までの時間が短く済みます。その半面、仕事を覚えて頼りにされ始めると、今度は業務量をコントロールできず、心身が不調になることもあり、サポートとケアを気をつけています。

配慮から思わぬメリットも生まれました。障がい者用に、郵便の受発送や消耗品発注などのマニュアルを作ったことで、作業・指導を標準化できました。誰にでもきちんと理解してもらうための物でしたが、健常者も使えるチームとしてのマニュアルになり、結果として全体のエラーが減ったという事がありました。

障がいはそれぞれの個性の一つにすぎません。個性のある人がいることによって、多様な生き方や考え方が活かされ、企業として成長することができます。ひとりひとりの個性や能力を高めていく場所のひとつとして、社会に貢献する事業所でありたいと考えています。

tos03

従事作業内容

郵便物・宅配便等の受発送 売店の運営、事務用品・消耗品の発注 コピー・封筒印刷業務など

採用までのプロセス

  • 見学
  • 職場体験
    1週間
  • 正式採用

活用した支援制度・機関

特定求職困難者雇用開発助成金 あらゆる就労支援機関と連携


豊通オフィスサービス株式会社

従業員数88名、うち障がい者数37名

所在地 名古屋市中村区名駅4-9-8 センチュリー豊田ビル
事業内容 事務用品、消耗品の調達及び管理事業
社有車の運行管理事業
郵便物、宅配物等の受発送に関する処理事業
名刺、封筒等の印刷物作成業務の請負
コピー、プリント、製本等事業
文書保存箱管理処理事業
施設内の売店、マッサージ室の受託運営 など

tos04