ご挨拶

平成27年度「愛知県精神・発達障害者雇用促進事業」の実施につきましては、多大なご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。

この冊子は、本事業の一環として、県内の精神・発達障がい者の雇用事例を紹介するために制作したものです。
障がい者雇用に積極的に取り組む事業所の事例を「先進的事例」として5例、本事業にご参加いただき就職に結びついた事例を「就職事例」として8例、併せて13の事例を掲載しております。
先進的事例では雇用の実績に基づく企業独自の取り組みを、就職事例では採用に至るまでの経緯や採用後の率直な感想を紹介しています。

本事業は2年目を迎え、今年度は、企業向けセミナー、求職者向けセミナー、支援者付き合同面接会を柱に、精神・発達障がい者の雇用促進に取り組んでまいりました。
このうち、企業向けセミナーでは、障がい者を受け入れる側の企業と、送り出す側の支援機関の対談を実施しました。求職者セミナーでは「就労支援ブック」を作成しましたが、参加した求職者の特性がまとめられ、就職活動に活用することができました。更に、合同面接会は支援者同席で開催することにより、本年度も多くの方々の就職が実現しました。

平成30年には、精神障がい者が法定雇用率の算定基礎へ加わることから、精神・発達障がい者の方々の雇用を推進することは、喫緊の課題となっています。
本事例集が、障がい者雇用を検討されている企業のみならず、障がい者雇用の経験がない企業にもご活用いただき、精神・発達障がい者を始めとする障がい者の雇用促進の一助となれば幸いです。

最後に本事業にご参加頂いた皆様、ご協力頂いた支援機関の皆様に、深く感謝申し上げます。

愛知県産業労働部労政局就業促進課